ちひさき鳥日記

山と野鳥について発信しています♪

秋〜冬に出会う鳥たち ホオジロと似ている鳥の見分け方

 

この記事は留鳥ホオジロと秋〜冬または春先に出会うホオジロに似ている鳥との見分け方について書いています。

 

 

 

まずはホオジロの成鳥の姿を見てみます。

ホオジロ(雄)成鳥

 
スズメ目ホオジロ科   全長約 17 ㎝ 
<生息地> 草原 森林   主な食べ物 : 種子 昆虫
 
 
鳴き声は地鳴きがチチッチチチ⤵️と最後のチだけ半音下がるような声で鳴きます。さえずりは聞き做しが有名で『一筆啓上仕り候』と言ってるように聞こえます。草地や河原などで高く目立つ場所にとまり大きな声でさえずります。

 
 

夏羽と冬羽の違いは過眼線、耳羽の色で区別します。

黒ければ夏羽褐色が入っていれば冬羽です。
 
 
 

ホオジロ(雌)成鳥



雌の方が全体的に淡い色をしていて顔の模様が薄い茶色だと雌です。

 

 

 

ではここからはホオジロに似ている鳥たちを見ていきます。

 

ホオジロに似ている鳥

 

 

左からミヤマホオジロ(雌) カシラダカ ホオジロ(雌)

ミヤマホオジロ(雌)

名前にホオジロと入っていて形もよく似ています。見分け方は冠羽とお腹です。ミヤマホオジロには黄色の冠羽があります。

黄色の冠羽がある(ミヤマホオジロ

お腹が白い(ミヤマホオジロ/ お腹が薄い茶色の一色(ホオジロ

ミヤマホオジロの鳴き声はホオジロより小さめの声でツンツン ツンツンと聞こえます。

 

カシラダカ

冠羽が立っているとわかりやすいですね。
見分け方は

冠羽がある(カシラダカ
顎線がある(カシラダカ

お腹が白い(カシラダカお腹が薄い茶色の一色(ホオジロ

腰がウロコ模様(カシラダカ/ 腰が赤褐色(ホオジロ

 

鳴き声はチッ チッ と聞こえます。

 

冠羽は立っていない時もあり、
こんな感じで群れているので遠めだと見分けるのが難しいです。

←矢印の子がホオジロで他はカシラダカです。

 

ホオジロの特徴


留鳥
・冠羽はない
・胸からお腹の色が茶褐色
・嘴が鉛色 
・腰は茶褐色 模様なし
・尾羽が長め 

 
 ミヤマホオジロの特徴
 
・冬鳥
・黄色の冠羽がある
・首と脇に茶色縦班
・嘴が肉色
・腰は灰褐色
・尾羽が長め

 
 

・冬鳥
・冠羽がある
・首から脇にウロコ模様 お腹は白い
・嘴が肉色
・顎線がある
・腰に茶色のウロコ模様がある
・尾羽が短め

 

 

カシラダカとミヤマホオジロ(雌)の見分け方は
こちらで書いています。↓

bluetail.red

 

オオジュリン(雌)も似ています。

オオジュリン

 

お腹の色がホオジロは茶褐色の一色、オオジュリンは白に縞模様があります。

足の指色が黒いです。

嘴の形がオオジュリンの方が丸くおちょぼ口です。

 

・冬鳥
・冠羽なし
・お腹は白で茶色の縞模様
・嘴が小さい
・足の全体は肉色 足指が黒色

 

見慣れてくるとシルエットや雰囲気で見分けられます。

 

 

 

これからの季節、冬鳥がやって来ます。

ホオジロを見かけたときは他の鳥さんとも見比べて楽しめます。

 

 

 

 

参考
新版 鳥 恐竜の子孫たち(小学館の図鑑 NEO)

♪鳥くんの比べて識別!野鳥図鑑670 第4版

大きくて見やすい!大人も子どもも楽しめる図鑑です♪

 

識別はこちらの2冊を参考にしています。